あそびにきました!! ~小さな感動を見つけにきました~

名古屋・尾張・三河のお勧め店や、癒しスポット、名物をご紹介します☆
TOP ≫ CATEGORY ≫ イタリア料理
CATEGORY ≫ イタリア料理
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

大人のワイン会・・・オステリア リュウ

お久し振りです!

やっと仕事が落ち着き始め、普段の日常に戻ろうとしています。

この一ヶ月は休日出勤になったと思えば、急に休みになったりと予定が二転三転し、ご迷惑をお掛けした方は数知れず・・・心身共に疲れた一ヶ月でした。
 
今月からは貯めたネタを時系列と旬を考え、徐々にアップしていきますので、またお時間ある時にでも遊びに来てくださいね!


では早速!去年になってしまいますが、友人に誘われて行った「大人のワイン会」をお届けします。


会場は、池下にある「オステリア リュウ」さんです。
IMG_0002_convert_20120118093231.jpg
場所は、池下駅一番出口から北に徒歩3分、マンション東側の一階にあります。

IMG_0004_convert_20120118093302.jpg
この会は、千種にあるイタリアワイン専門店「ポンテヴィーノ」さんとのコラボで、リュウのオーナーシェフ林さんがイタリアの友人から素晴らしいトリュフが届いたことで企画されたとのこと。
  

カンパイは軽やかにフランチャコルタで
IMG_0006_convert_20120118104101.jpg
ほんのりアーモンドやナッツ、オレンジジャム、ヴァニラ等のエッセンスと、少しピリッと酸とミネラル感を感じ、シャンパーニュに負けない繊細な泡は一杯目にして今日の会に参加して良かったと思わせる旨さでした。


北海道の帆立貝とアンディーブのサラダ 
IMG_0007_convert_20120118104121.jpg
黒トリュフの香りがなんとも香しい!
合わせるワイン「ロエロ・アルネイス2010」との相性もピッタリ


イタリア産馬肉のタルタル 黒トリュフ載せ
IMG_0010_convert_20120118104417.jpg
アップ
IMG_0011_convert_20120118104438.jpg
混ぜていただく。
肉が厚いから歯ごたえ、噛みこたえがあり、
トリュフと馬肉の風味が相まって、生臭さなど全くなく、旨さのみを楽しめました。

フォカッチャ
IMG_0008_convert_20120118104324.jpg
自家製のもっちりシットリ、料理の邪魔をしない素朴なフォカッチャ。
もちろんお代わりもOk


黒トリュフソースで和えたウンブリチェッリ
IMG_0013_convert_20120118104510.jpg
言わずと知れたウンブリア州の名物パスタ!
うどんの様に太い手打ちパスタです☆
もっちりした食感にと濃厚なトリュフソースがよくからみます


徳島産伊勢えびのムニアニア 黒トリュフ添え
IMG_0018_convert_20120118104539.jpg
トリュフに負けない伊勢えびの味わいに一瞬言葉を失いました(笑)
合わせるクレマン(ブラン・ド・ブラン)が更に夢の世界に連れてってくれます

ホロホロ鶏と黒トリュフのガランティーヌ仕立て
IMG_0020_convert_20120118104600.jpg
ガランティーヌ=巻いて煮たお料理で、淡白だけどコクのあるお肉、口の中いっぱいに旨みとトリュフの香りで溢れます!!
もっとほしいと心の中で叫んでました(笑)

黒トリュフのジェラート
IMG_0024_convert_20120118104620.jpg
トリュフを1日漬け込んで作ったもので、正にクライマックスに相応しい!
今宵黒トリュフの香りを満喫した体験を、走馬灯のように感じることができました。
素晴らしいエピローグでした。


合わせたワイン
IMG_0027_convert_20120118104702.jpg
全ての料理に一杯づつのマリアージュ!
ポンテヴィーノの荒井さんも気合を入れてて、他では先ず手に入らないというとっておきのばかりを揃えてくれました。

フランチャコルタ・エクストラ・ブリュット コマリ・デル・サレム2006 (ウベルディ)

ロエロ・アルネイス2010(マッテオ・コレッジア)

カンポーラ2005 (ファルキーニ)

クレマン ブラン・ド・ブラン2002 (カサ・カテリーナ)

バローロ2003 (バルトーロ・マスカレット)

モスカート・パッシート2004 (エツィオ・チェッルーティ)


今回の会費は18000円と決して安くはなかったですが、普段様々な重圧に耐え忍んで頑張ってきた自分へご褒美(笑)
それでも間違いなく、他のレストランやグランメゾンで頂いたら値段はもっと高かったはず。(多分)
そしてもしかしたら、二度とこの感動にお目に掛かれないかも知れないという値段では量れない幸せ指数とコスパは高かったです。
シェフと話しは殆ど出来ませんでしたが、素晴らしい料理ごちそうさまでした。

それと、この会に誘ってくれた友達Sさんにホント感謝です☆
ありがとうございました(^o^)


Osteria LIU [オステリア リュウ]
名古屋市千種区向陽1-11-14 池下ホームズ1F
電話:052-710-9517
営業時間
18:00~23:00L.O
定休日:日曜、第1・第3月曜
駐車場:無
禁煙





スポンサーサイト

ラ・リリアーナ (八事)

八事にあるイタリアレストラン「ラ・リリアーナ」へ持ち込みワイン会に行ってきました。

会の趣旨は「イタリアがちんこワイン会」
なので持ち込んだワインは、どれもフィネス溢れる素晴らしいものばかり! 
もう飲む前からテンション上がりまくりです(笑)

IMG_3138_convert_20110729141002.jpg
場所はメーテレ名古屋ハウジングの目の前にある光洋ビルの1階(半地下)

IMG_3140_convert_20110729141029.jpg
店内はクラシックが流れ高級感溢れる落ち着いた雰囲気です(個室を利用)
普通ならちょっと緊張してしまうところですが、今回実は初の男子会! 
気心知れた方ばかりで皆終始ぶっちゃけトーク全開で、笑い声がこだまする楽しい会でした。

料理はワインに合わせたスペシャルメニューをお願いし

まずは泡でカンパーイ
IMG_3141_convert_20110729141049.jpg
最初の泡はピエール・カロ
爽やかな酸味にほのかな柑橘系の甘み、透明感があり幾らでも飲めてしまいそうな美味しさ!  


お口取り
IMG_3142_convert_20110729141108.jpg
さっぱりとしたシャコがシャンパンとよく合いますね

前菜1
IMG_3144_convert_20110729141151.jpg
IMG_3145_convert_20110729141219.jpg
香草パン粉をまとったマグロのカルパッチョ 

IMG_3147_convert_20110729141304.jpg
中に巻いたカラスミの塩味が上手くマグロの赤身の旨み引き立たせています。
香りもよく味もいい、何よりシャルドネのミネラル感とばっちり合ってます!

前菜2
IMG_3148_convert_20110730111624.jpg
手長えびアーティチョーク添え グリーンサラダソースで
ぷりとした手長えびに上品に青さを感じるソース、少しワインに負けてる気もするが美味しくいただける。 

パン
IMG_3143_convert_20110729141127.jpg
それほど強い個性がなく料理を邪魔しないやさしい味わいです

パスタ1
IMG_3149_convert_20110729141327.jpg
アワビのスパゲッティ
アワビの出汁が決め手のスパゲッティですね!

アワビの何ともいえない清々しい香りがふわっと鼻をくすぐり、一瞬でとても贅沢な気分に浸らせてくれます!←庶民なので(笑)
またソースがあっさりかつ重厚な旨さ、シコシコした歯触りのスパゲティにまんべんなく絡んでいて、噛むごとにどんどん虜になってくようでした! 私の中ではこれが一番の美味しかったです!!

パスタ2
IMG_3150_convert_20110729141347.jpg
フォアグラのラビオリ 黒トリュフ
ラビオリの皮はとても薄く繊細で軽やか、ラビオリというより雲呑のイメージです。
フィリングのフォアグラとその皮が奏でる、つるっとした滑らかな喉越しは絶品!
飲み込むのが勿体ない(笑)また、ふんだんに散らされた黒トリュフの香りをが心地よかったです♪

メイン
IMG_3152_convert_20110729141409.jpg
松坂牛のリブロースのタリアータ バルサミコソース
イタリアンの定番人気メニューの一つですね!

噛めば肉の旨みとバルサミコの酸味と甘みが見事にマッチし、力強いルーチェ(サンジョベーゼ)と見事なマリアージュです☆

チーズ盛り合わせ
IMG_3153_convert_20110729141429.jpg
バザイオ ペコリーノなどなど、どれも美味しかったけど、特にバザイオが一番でした。


デザート
IMG_3154_convert_20110729141452.jpg
・・・すみません、酔ってる上に男子話しに花咲いて、あまり覚えてない てか食べたのかな?

カプチーノ
IMG_3161_convert_20110729141535.jpg
まろやかなカプチーノ、だった気がするうな、よく覚えてません


ワイン
IMG_3157_convert_20110729141516.jpg

左から
ピエール・カロ Pierre Callot
Blanc de Blancs Clos Jacquin Grande Cru  
アヴィーズ村の丘の頂にある真東に向いた僅か0.07haの単一畑"クロ・ジャカン"で栽培される1975年植樹のシャルドネ100%から、年間僅か800本のみ造られるドメーヌのフラッグシップ・シャンパーニュ。
蜜の様な香りと複雑味のある味わいに力強い余韻、フラッグシップ・シャンパーニュなだけはあります! 

テタンジェ(Taittinger)
Comtes de Champagne  Blanc de Blancs Brut
テタンジェ社のプレステージ・キュヴェであるコント・ド・シャンパーニュは、コート・デ・ブラン地区の厳選されたシャルドネのみから造られた最高級シャンパンです。
ピエール・カロよりもフレッシュ感があり、酸が滑らかで、より蜜感を感じ取れ美味しい。

コングスガード・ワイン[2005] Kongsgaard Wine
カリフォルニアで最も注目を集める造り手によるワインですね!
ミネラルでリッチなオイリー感、そこへレモンや、ロースト香がワインに複雑さや奥深さを与えています。
余韻も長く、温度上昇と共に甘みがでてくるパンチの効いた印象。
キスラーとよりも力強さを感じ、満足感の高い美味しさです
 
バタールモンラッシェ エティエンヌ・ソゼ[1998]
Batard Montrachet Etienne Sauzet
ピュリニー・モンラッシェの雄 ルフレーヴと並ぶピュリニーの巨頭ですね!
色はシャルドネを使っているのでそれほど濃くはないのですが、香りと風味は重厚そのもので、しっかりした滋味感と、樽を思わせる燻したような香りが特徴的でした! 

アンジェロ・ガヤ バルバレスコ [1973] GAJA Barbaresco
『イタリアワインの帝王』と言えば?恐らく、多くの人が名を挙げるのが、「アンジェロ・ガヤ」ではないでしょうか。
香り豊かなバランスの取れた味わいで、とにかく旨味が強くて余韻が長い、果実味と熟成感が共存しています。
タンニンはさほど感じず、酸は丁度良い感じですが、旨味が突出しています! 38年経っても今尚力強さを感じました☆

シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド [1966]
Chateau Pichon-Longueville-Comtesse De Lalande
現在、ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドはボルドーで間違いなく最も人気があり、1978年以降ポイヤックで最も一貫して秀逸なワインとなっており、ヴィンテージによっては一級の品質を示すこともあるそうです!
アタックは滑らかですが、圧倒的なヴォリューム感と余韻、堅固なタンニンは強い骨格を持ち、豊かな黒い果実を想わせます 美味しい! 
これは料理がどうこうなんて関係なく、単体で美味しく飲めます! 
45年経ってますが、まだいけそう!そんな感じがしました。


ルーチェ ブルネロ ディ・モンタルチーノ[2005]
Luce della Brunello di Montalcino 
言わずと知れたイタリア トスカーナで今をときめくスーパー・トスカーナですね!
国内ワイン法では格付けもされていないテーブルワインですが、格付けワインのキャンティやモンタルチーノを陵駕するほどのワインです!
熟成した果実やブラックベリーの複雑実のある香りがとても豊かに香っており、また、しっかりした酸とタンニンがバランスよく洗練されたイメージです。


マクラン トルコラート [2007] MACULAN Torcolato
パッシート(陰干し)の極甘口デザートワインです
濃密で果実香やスパイス香が豊かでハチミツや黄桃などの香が強い、甘美なデザートワインですが、甘すぎず酸味とのバランスもよく美味しかったです☆


今回が初リリアーナでしたが、イタリアンの中では高級な部類に入ると思うけど、それに相応しいプレゼンテーションとサービスで、満足!
また、ソムリエさんの行き届いたサービスが素晴らしく、客に気付かせない気遣いには凄いの一言!
料理がワインを引き立てるし、逆に、ワインが料理を引き立てる、ほんと素晴らしい時間でした。
頻繁に訪れるのは難しいかもしれないけど、たまに美味しくてリッチなものを戴きたいときに訪れたい、そんな素敵なお店でした。

ごちそうさまでした。



ラ・リリアーナ 【HP
名古屋市昭和区滝川町47-24 光洋マテリカビル1F
電話:052-837-0611
営業時間 
11:30~13:30(L.O)
18:00~21:00(L.O)
定休日:水曜・第3木曜
個室あり

hikari yurari(ヒカリユラリ)  (京都)

京都へ用事があって行ったついでに、美味しいと評判のイタリアン「hikari yurari」へ寄って来ました。

大通りから一本中に入っており、オレンジ色の旗が目印です。 
IMG_0956_convert_20110225123449.jpg
駐車場はなく、近くにコインパーキングが幾つかあります。

IMG_0957_convert_20110225123510.jpg
ランチメニューは2種類

¥1000でパスタランチって安いですね♪

IMG_0970_convert_20110225123905.jpg
カウンター3席と4人掛けテーブル1つに2人掛けテーブル2つの計8席

白を基調とした店内は清潔感があり、間接照明がほどよい明るさで、いい意味雰囲気あります。


また、この日は予約でいっぱい、京都では人気店なんですね



¥1000のパスタランチを注文

IMG_0964_convert_20110225123637.jpg
赤カブのポタージュ風スープ

しっかりとカブカブしてて美味しかったです・・・が、やや塩がきつい印象

私の体調でそう感じるのかなとも思いましたが、一緒に行った友人も同じように感じてました。

たまたまかな


IMG_0965_convert_20110225123656.jpg
自家製パン(フォカッチャ、グリッシーニ)

これまたう~ん

グリシーニは香ばしく美味しかったけど、フォカッチャがぱさついててちょっと残念な感じでした。

また、お代わりは追加料金がかかるとの事です。←これは値段が安いだけに仕方ないかな


IMG_0966_convert_20110225123720.jpg
豚肉と椎茸の煮込みソース

見た目よりもあっさりした味で、椎茸の香りも感じ取れて美味しかったです。

ただ、これもやや塩が強く感じました


デザート
IMG_0969_convert_20110225123822.jpg
キャラメルアイスとパンナコッタ

やさしい口どけのキャラメルアイスと、ほんのり甘いパンナコッタ、普通に美味しかったです。

個人的にはキャラメルをもっと前面に出したビターな感じのアイスの方が好きだったかな。


IMG_0971_convert_20110225123844.jpg
黒板には手作りの食材がいっぱい書かれていて、びっくり♪

ハムやサラミ、パンの他にチーズまでもが、全て手作りです!! 凄い!!

これは、ワインが飲みたくなっちゃいますね♪



料理の方は全体的に塩が強く、やや残念に感じましたが、接客はオーナーシェフが全て一人で切り盛りされてるにも拘らず丁寧で好印象でした。

遠くからわざわざ行くことは無いですが、近所にあると便利そうですね

ごちそうさまでした。




hikari-yurari ヒカリ ユラリ 
京都府京都市左京区田中大堰町202
電話:075-703-7021
営業時間:11:30~14:30
18:00~22:00
定休日:月曜日
駐車場:なし 近くにコインパーキングあり
禁煙

ソラメントゥーノ (車道)

友達6人で車道にあるリストランテ、ソラメントゥーノさんへ持ち込みワイン会に行って来ました。

以前からとっても気になってたお店だったので、否応なくテンションが上がります



IMG_1515_convert_20110210130748.jpg

IMG_1518_convert_20110210130915.jpg

今回の飲むワインは各自担当を決めての持ち寄り

持ち込み料はなんと無料☆ でも必ず1杯アルコール注文しなければなりません。

コースは¥6825(税込)で 前菜、パスタ、メインから1品づつ選ぶプリフィックスタイル。

また別途サービス料10%掛かります

IMG_1517_convert_20110210130846.jpg
店内は白を基調とした明るく清潔感あるつくり、デート使いにぴったりな雰囲気ですね


アミューズ
IMG_1520_convert_20110210130940.jpg
乳飲み仔豚の一口ピッツァ

香ばしく何枚でも食べれそう♪



アンティパスト
IMG_1523_convert_20110210131532.jpg
IMG_1525_convert_20110210131556.jpg
春キャベツを巻いた鴨のフォアグラのヴァポーレ(蒸し煮)

厚くカットされたボリュームたっぷりなフォアグラは、とろ~っと溶け出す濃厚なコクがたまらなく、スパイシーなピリ辛ソースとの相性もバッチリ! 

下品かもしれないけど、丼にしたかった(笑)




パン
IMG_1522_convert_20110210131056.jpg
フランスで成型されたものを輸入し、お店で焼いてます。
これはたまたまかも知れないけど、焼成がイマイチ・・・クラムの芯がやや半生状態でした


なくなればお代わりを勧めてくれます。 


プリモピアット
IMG_1526_convert_20110210131621.jpg
サフランとイタリアンパセリのリゾット テスタ・ディ・マイアーレ(豚の頭肉)添え

イタリアンパセリがしっかりと香ってて、お米も申し分ない硬さ!  

豚の頭肉はくせがなく、コラーゲンのプルンプルンした食感と程良い塩加減で、食べやすく美味しかったです☆

酸が豊かなワインととても合いそう♪



セコンドピアット
IMG_1527_convert_20110210131738.jpg
IMG_1528_convert_20110210131801.jpg
牛フィレ肉のステーキ ゴルゴンゾーラのソース

レアに仕上げたジューシーなフィレ肉の甘みに、ゴルゴンゾーラの塩気と香りがとっても合います

ワインが進みますね




ドルチェ
IMG_1535_convert_20110210150406.jpg
デザートの盛合せ(左からバナナタルト、洋ナシタルト、イチゴのショート、バニラアイス)

どれも手作り感がある優しい甘さ、これだけあってもみんなペロッと食べれました☆


IMG_1536_convert_20110210150433.jpg
カプチーノ

コーヒーは詳しくないので上手くコメント出来ませんが、口の中の甘さをリセットする割と苦みがしっかりしたカプチーノでした。



今日のワイン達 
IMG_1530_convert_20110210132135.jpg
○BELLAVISTA(ベラビスタ)
イタリア産のシャンパーニュ方式の醸造法でつくられているフランチャコルタのスパークリングワイン、柔らかなイタリアのシャルドネらしい厚みのある味わいですね♪ 


○ポイエル・エ・サンドリ/ロゼ・ブリュット 品種:ピノネロ
トレンティーノ・アルトアディジェの生産者。北イタリア、トレンティーノ・アルト・アディジェ州で作られておりラベルがとっても印象的です。
ピノネロ100%で造られるスパークリング。(ピノネロとはピノノワールのこと)

イチゴやキャンディーのようなとっても果実味ある香りにきりっと爽やかな酸味、上品な余韻がなんとも言えない美味しさですね☆


IMG_1531_convert_20110210131932.jpg
○イル・コーロ 2005 品種: グリッロ50%、シャルドネ50% 産地:シチリア
蜂蜜や連想させる甘くふくよかな香りや樽香、柔らかい余韻が素敵です♪ コスパが高くこれは買いですね★


○サントリーニ アシルティコ セレクショネ・ド・ミロス 2007
品種:アシルティコ ヴィエイユ・ヴィーニュ 

ギリシャのワインですね!初めて飲みました★ 年間1600本しか生産していないとっても貴重なワインです。
また、ギリシャと想像ができないほど洗練されていてレベルが高いです。←私が知らないだけか(笑)



IMG_1533_convert_20110210132042.jpg
○ニュイサンジュルジュ 1級  品種:ピノノワール

果実味がとっても豊かでエレガントな黒系果実の香りと凝縮感のある味わいが特徴です。
繊細なタンニンが口の中に広がり今日のメインにはぴったりな予感♪


これまたなんとも印象的なエチケットのワイン
○レノーズ ロッソ 2004 品種:カンノナウ100%

人口よりも羊の数が多いと冗談みたいに言われてるサルデーニャ島で生産される赤ワインです。
ピノノワールを思い出させるような繊細な味にびっくりしました。外観は輝きのある透き通ったルビー色でインパクトはそれほど強くないけど、とっても余韻が長いです。


デザートワイン
IMG_1534_convert_20110210132109.jpg
○ヴィニャイ・ダ・ドゥリーネ 2008 品種:ヴェルドゥッツォ100%(遅摘み)

ステンレスタンクで発酵後、500LのトノーでMLF、そのまま10ヵ月熟成。年間生産本数2,000本と少なく、紅茶やジャスミンの香ですっきりとした甘さが特徴です。
何ともいえない甘美なデザートワインです。

これ私が持って行ったワインですが、毎年3本は買う大好き気な甘口です♪ 


料理は一品一品丁寧に作られてて、見た目も味もとても満足出来る内容でした。
ただサービスに至っては、満席をフロア一人で頑張ってましたが、回っておらずやや残念に感じました。 
サービス料10%取るからにはその日の予約状況に合わせた人員を確保していただけたら嬉しいですね

次回は是非ランチに行ってみたいと思います☆

ごちそうさまでした。



SOLAMENT'UNO ソラメントゥーノ 【HP
名古屋市東区代官町10-7 山本ビル 1F
電話:052-508-6721
営業11:30~13:30(L.O)
  18:00~21:00(L.O)
定休日:水曜日
禁煙

ダールフルット [岩倉]

岩倉駅前に人気のトラットリアがあると聞き、休日に行ってきました。


IMG_0583_convert_20101110155405.jpg

駅前とは聞いてたけど、ホント真ん前! 

徒歩10秒です!



この日はランチの訪問。

ランチメニューは全部で3種類
どれにしようか悩みますね
IMG_0596_convert_20101110155743.jpg

店内
IMG_0587_convert_20101110155441.jpg
ママ友グループや夫婦、ファミリー、地元と思える人でいっぱいです。

おしゃれなデザインインテリが多く、雰囲気もいいですね

IMG_0593_convert_20101110155630.jpg

夜はBARにもなるみたいです。



Aタコゲソのラグーとほうれん草のトマトソースパスタを選択!

※ランチは全てサラダ、スープ、パン、ドリンク付きです。
なかなかコスパ高いですね


サラダ
IMG_0589_convert_20101110155511.jpg
普通においしい
ドレッシングはビネガードレッシングです。


自家製パン
IMG_0592_convert_20101110155603.jpg

う~ん

正直やや残念なパン。
イースト臭がきつい上に、提供前にもう一度トーストしたことでパッサパサ!
単体ではちょっときついな、何か水分が欲しくなりました

グリッシーニは香ばしく塩も効いてて美味しい☆


スープ
IMG_0591_convert_20101110155537.jpg
サツマイモの冷製スープ
ちゃんとサツマイモの味はしますがやや口どけが悪く後に残ります。



パスタ
IMG_0594_convert_20101110155655.jpg
タコは柔らかく、味もしみ込んでいて美味しいです☆

反面、大量に作ってるせいもあるのだろうけどパスタは柔らかく、ソースにパンチがない感じで更にオリーブオイルと乳化もイマイチしていない=当然パスタとの絡みもイマイチ

どこのトマト缶使ってるのかな~? 

因みに私のお勧めはスピガドーロです

他のトマト缶とは比べ物にならないくらいしっかりとトマトの甘み酸味が味わえ美味しいですよ


ドリンク
IMG_0595_convert_20101110160523.jpg
エスプレッソ

カプチーノと間違えて注文してしまった
コーヒーはよくわかりませんが、普通に美味しく飲めました。


感想として、サービスはこまめに気配りしてくれてるのがわかり、頑張り感が伝わってくる気持ちよい接客ですが、料理がもう少しといったところです。
まあ値段からすれば十分満足できる内容かもしれませんが、近所または岩倉に来たついでに寄るといったレベルです。
まだ若そうなシェフなので、これからの成長と可能性に期待したいですね。 ←なぜ上から目線(笑)

また機会があったら行きたいと思います。

ごちそうさまでした


Dar Frutto (ダールフルット)
岩倉市下本町下市場125-3 YAOHATUビル1F
電話:0587-38-3720
【モーニング】7:00~10:00
【ランチ】11:00~14:00
【ディナー】18:00~23:00
定休日:月曜
駐車場:なし 但し近くにはコインパーキングあり
※ランチのみ禁煙です。
プロフィール

フェブ

Author:フェブ
初めましてフェブと申します。

愛知生まれ愛知育ち、大学卒業後は仕事の都合で東京、千葉を転勤し、現在は名古屋市東部に住んでいます。
主に名古屋を中心に飲み(食べ)歩いていますが、たまに県外遠征にも出掛けます。

好き嫌いが無い雑食タイプで、オールマイティーに素敵なお店を紹介したいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

また、もし新しいお店の情報などありましたら、是非私にも教えてくださいね。 

アドレスはコチラ 
 ↓
miracle-Seven☆hotmail.co.jp (☆を@に変えて下さい。)

メールお待ちしています♪

FC2カウンター
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。