あそびにきました!! ~小さな感動を見つけにきました~

名古屋・尾張・三河のお勧め店や、癒しスポット、名物をご紹介します☆
TOPスポンサー広告 ≫ ワインセミナーTOPワイン ≫ ワインセミナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ワインセミナー

今月もまた市内某所で開かれている素敵なワインセミナーに行ってきました。

主催してるのはこの方、ワインの魅力と美味しさを広く伝える傍ら、自らも日々勉強しているという、とっても尊敬できる先生です。

今回のテーマは、素敵なブルゴーニュの会です。

大好きなピノ・ノワールが飲めるとあってとっても楽しみ♪


まずはブルゴーニュ地方のぶどう品種について説明があり、その後テイスティングです。

IMG_1334_convert_20110119165611.jpg


今回飲んだワインは赤5種類と甘口1本の計6種類
ワインの感想は後にしますが。どれも個性があって美味しかったです☆

IMG_1336_convert_20110119165726.jpg
IMG_1335_convert_20110119165647.jpg
パンはグランコート2F オーキッドガーデンにて購入 ってかパン売ってるんですね!知りませんでした

バタールとノアレザン

バタールは思ってたよりもちゃんとしてて美味しいクラストはやや硬め、クラムは程よくもっちり感があり、料理の邪魔をしない控えめなバタールと言ったところでしょうか。


IMG_1339_convert_20110119170039.jpg
チーズはフランス産 モンドール リエム (箱の写真なくてスミマセン)

フランスのコンテ圏ドゥー県、スイスとの国境近くジュラ山脈にあるモンドール(黄金の山)の渓谷一帯で作られてて、リエム社は、コンテストで4度の金賞に輝く有名かつ優秀な作り手だそうです。
エピセア(樅の木の一種)の樹皮で巻き丁寧に洗いながら同木の棚で熟成させるため、中の生地はとろりとやわらかくエピセアの香りがふんわりと広がります。
つややかでその上品な味わいからフランスでは「チーズの真珠」と称賛されるほどです。

とろーりカスタードクリームの様に滑らかで、木の香りも感じられ、程よく塩味とミルクの旨味がとってもgood~これはまりそうやわ  



IMG_1338_convert_20110119170010.jpg
春菊とゴボウとベーコンのサラダ(ワインビネガードレッシングで)

春菊を生で食べるの初めてかも、春菊は独特の香りがあるので、好き嫌いが別れると思うけど、茹でた時よりもサラダのほうが断然食べやすいですね。
あくもなくすっきりした味わいと、ほろ苦さが何とも言えない美味しさです


IMG_1337_convert_20110119165752.jpg
豚肉のトマト煮込みフォンデュ風

赤ワインで煮込んだとろとろの豚肉に濃厚なトマトソース、単体で食べるのも美味しいけど、パンやワインと合わせるともう絶品です♪

因みにお肉の上に乗ってるのは、パセリです☆

うっかり一箇所に掛け過ぎて青海苔に見えるのは私だけかな(笑)



美味しい料理には美味しいワイン

お待たせしました!ワイン達の紹介です。
 
IMG_1341_convert_20110119170635.jpg
左から
ブルゴーニュ・ルージュ ブドー 2006 ドメーヌ・ド・シャソルネイ
本拠地はブルゴーニュ西部のサン・ロマンの村。

葡萄の栽培はビオロジックで、無農薬はもちろんの事、馬で畑を耕しています。70~80年前の方法でワインを造っていて、圧搾は長い時 で5、6時間かける。足踏みで潰しながら破砕し、発酵は天然酵母、亜
硫酸は一切添加されず、補糖も行なっいない。
妥協を許さないドメーヌ・ド・シャソルネイ、まさこだわりのワインです!

鮮やかなルビー色、ベリーなど赤い果実の香り、あとスパイスのニュアンス、味わいは豊かな酸味とミネラルが豊富で、単体よりは料理とあわせて飲むほうが美味しいかな。


ブルゴーニュ・ルージュ 2006 ドメーヌ・ロベール・アンヌー
『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』と、呼ばれるワインを手掛けるロベール・アルヌー

アルヌーと言えば、ピノ・ノワールの原種に近い伝統的なピノ・ノワールで小粒で果皮が厚く、深みのある味わいを生み出してくれるにも関わらず、栽培の難しさなどで、一時、ほとんどの生産者が栽培しなくなった品種、『ピノ・ファン』の栽培者としても知られています。
また、この品種を使った、はあのDRCでも使用されてるとの事。

チェリーの香りにスミレなど白い花の香り、パイナップルやキャンディーの香りで何も知らずにテイスティングしたらガメイ?と間違えそうな程です。
優しいタンニンと上品な酸、滑らかなアタック、文句なしに美味しいです☆ 
これは赤が苦手な女性でも美味しく飲めそうですね


ブルゴーニュ・ルージュ 2005 ドメーヌ・メオ・カミュゼ
世界中のブルゴーニュ・ファンを魅了し続ける神様と呼ばれたあのアンリ・ジャイエのコンサルタントを受け、造り出されたワインは、エキゾチックで香り豊かで、ジャイエ・スタイルを継承している事で有名ですね。
いや~これ買いたくてもなかなか見つかりません。
やはりブルゴーニュの神さま、アンリ・ジャイエゆかりのドメーヌという肩書きは凄いですね!

透明感のある鮮やかなルビー色、ベリーやチェリーの様な甘酸っぱい果実香に、スパイスっぽいのニュアンスもあります。 味わいは、とっても滑らかでしっかりとした酸と力強い果実味のバランスが良く、今日の中で一番好きなタイプです。


IMG_1342_convert_20110119170716.jpg
左から
ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・アリナール 2005 ドメーヌ・ベルナール・デュガ
人気ドメーヌのクロード・デュガの従兄弟にあたり、ロバート・パーカー最高の5つ星の評価!
仏クラスマン誌ではDRC、ルロワと並び、最高の3つ星だそうです。(ブルゴーニュの3つ星はわずか5軒)

これまたほんとにルージュ?ってぐらいに凄いワイン!

色は深いルビー色、香は黒い熟れたベリーの香り、獣、なめし皮香など豊潤な香りです。
味わいは豊かな果実味と優しいタンニン、綺麗な酸がバランスよく美味しいです。


フラン・ド・ピエ ブルゴーニュ・ルージュ 2007 ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン
生産量が少なく、しかも特定個人顧客に販売されるワインが多いので、市場で見かけることが少ない超希少ワインだそうです。
しかもフラン・ド・ピエ とは、「純粋の足」という意味で、アメリカ産の台木に接木されていない純フランス産のピノ・ノワールで造られた非常に珍しいブルゴーニュ・ルージュです!

そうとは知らずぐびぐび飲んでしまい、後からもっと味わっておけばよかったと後悔しました(笑)

色は深いルビー色、香は前面に樽のローストした香りに、なめし皮、黒い果実の香り、味わいは上品な果実味があり、やや荒さが残るタンニンと程よい酸があります。
 
今でも十分美味しいけどもう少し寝かせてもいいのかなって感じました。


シャトースデュイロー 1990  
品種:セミヨン90% ソーヴィニヨンブラン10%

三大貴腐ワインの一つ、フランスのソーテルヌで作られる貴腐ワインです。
しかも、第一級に格付けされる高級貴腐ワインです
最高の貴腐ワインとして名高いシャトー・ ディケムの北隣に位置するシャトーでテンション上がりまくりです

というのも、私がワインを飲むきっかけになったのが貴腐ワインなんです。

25歳の時、山梨のサントリーワイナリーで飲んだ貴腐ワイン、今でも忘れられません。

蜂蜜に漬け込んだ果実のような風味に香ばしい香り、力強くアルコール分も多い濃厚なアタック、正にデザートの様なワインですね☆

はぁ~幸せ






今日のワインはどれも美味しく、またなかなか手に入らない希少なものばかり

幸せな時間をありがとうございました。

来月のラクレットパーティーも楽しみにしています


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

フェブ

Author:フェブ
初めましてフェブと申します。

愛知生まれ愛知育ち、大学卒業後は仕事の都合で東京、千葉を転勤し、現在は名古屋市東部に住んでいます。
主に名古屋を中心に飲み(食べ)歩いていますが、たまに県外遠征にも出掛けます。

好き嫌いが無い雑食タイプで、オールマイティーに素敵なお店を紹介したいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

また、もし新しいお店の情報などありましたら、是非私にも教えてくださいね。 

アドレスはコチラ 
 ↓
miracle-Seven☆hotmail.co.jp (☆を@に変えて下さい。)

メールお待ちしています♪

FC2カウンター
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。